くしAGAになってしまう原因は、様々な要素が考えられますが、その一つが「男性ホルモン」です。男性ホルモンと薄毛というのは関連付けて考えられやすいですが、本当のところは男性ホルモンそのものが悪いという訳ではありません。男性ホルモンが直接的に薄毛を引き起こすのではなく、男性ホルモンである「テストステロン」が「DHT(ジヒドロテストステロン)」へと変化することによって、それが薄毛を引き起こしてしまうのです。DHTが増えてしまうと、いわば頭髪に本来の強さや濃さが無くなり、どんどん弱い毛になって行ってしまいます。

それが進行してしまうので、どんどん薄毛が生産されていってしまうのです。髪には、一定の「ヘアサイクル」という周期が存在します。本来古くなった毛が抜け落ちても新しい毛が生え代わってくることによって髪の状態は維持されます。しかし、そのヘアサイクルが乱れてしまうと、髪が必要十分量確保できなくなります。新しい紙が生えてくる前に、もともと生えていた髪が成長しないうちに抜けてしまうので、どんどん抜ける量が増えていってしまうのです。これによって薄毛が引き起こされます。

ですから、テストステロンがDHTに変化しないようにする必要があります

Comments are closed.