薄毛では、そもそもそのように進行する脱毛症なのに、途中からでも治療によって改善を図ることは可能なのでしょうか。また、ヘアサイクルを本来のサイクルに戻すということは可能なのでしょうか。DHTが生成される原因としては、『5aリダクターゼ』という成分が分泌されていることが関係しているのですが、治療のためにはその分泌量を減らすという方法があります。そのために投与できるのは、『プロペシア』という成分です。プロペシアは、DHTが生成される原因となる、『5aリダクターゼ』という成分が分泌されるのを抑えてくれます。それによって抜け毛が減少することとなります。

プロペシアは抗アンドロゲン薬であり、正式名を『フィナステリド』と言います。これは医薬品ですので、受けるためには処方箋が必要です。また、これは投与し続ける必要がありますので、途中でやめては行けません。もちろんこれを投与したからと言って全員に効果が見られるという保証はありませんし、効果には個人差があります。しかし、何よりも継続的に行うこと、それが大切であると言えます。

また最近ではプロペシアの処方と並行して最新の毛髪再生治療である『HARG療法』という治療法にも期待が高まっています。HARG療法とは注射器で頭皮に直接薬剤を投与し、発毛を促進させる治療法のことで、抜け毛の原因にもよりますが、治療開始からだいたい3~4カ月で効果を実感できるようになります。

あなたは、最近髪が薄くなってきたことに気付いていませんか?前よりも髪の毛の質が弱くなったと思っていませんか?前よりも髪が後退していると感じていませんか?そういった方はAGAの治療を始められることをおすすめします。AGAは進行性の病気です。取り返しがつかなくなる前に、対策を始めましょう。

参考HP>>>aga治療 福島

Comments are closed.