AGAは早期治療を

AGAは早期治療を

運営者 No Comments

薄毛では、そもそもそのように進行する脱毛症なのに、途中からでも治療によって改善を図ることは可能なのでしょうか。また、ヘアサイクルを本来のサイクルに戻すということは可能なのでしょうか。DHTが生成される原因としては、『5aリダクターゼ』という成分が分泌されていることが関係しているのですが、治療のためにはその分泌量を減らすという方法があります。そのために投与できるのは、『プロペシア』という成分です。プロペシアは、DHTが生成される原因となる、『5aリダクターゼ』という成分が分泌されるのを抑えてくれます。それによって抜け毛が減少することとなります。

プロペシアは抗アンドロゲン薬であり、正式名を『フィナステリド』と言います。これは医薬品ですので、受けるためには処方箋が必要です。また、これは投与し続ける必要がありますので、途中でやめては行けません。もちろんこれを投与したからと言って全員に効果が見られるという保証はありませんし、効果には個人差があります。しかし、何よりも継続的に行うこと、それが大切であると言えます。

また最近ではプロペシアの処方と並行して最新の毛髪再生治療である『HARG療法』という治療法にも期待が高まっています。HARG療法とは注射器で頭皮に直接薬剤を投与し、発毛を促進させる治療法のことで、抜け毛の原因にもよりますが、治療開始からだいたい3~4カ月で効果を実感できるようになります。

あなたは、最近髪が薄くなってきたことに気付いていませんか?前よりも髪の毛の質が弱くなったと思っていませんか?前よりも髪が後退していると感じていませんか?そういった方はAGAの治療を始められることをおすすめします。AGAは進行性の病気です。取り返しがつかなくなる前に、対策を始めましょう。

参考HP>>>aga治療 福島

AGA原因はヘアサイクルに

運営者 No Comments

くしAGAになってしまう原因は、様々な要素が考えられますが、その一つが「男性ホルモン」です。男性ホルモンと薄毛というのは関連付けて考えられやすいですが、本当のところは男性ホルモンそのものが悪いという訳ではありません。男性ホルモンが直接的に薄毛を引き起こすのではなく、男性ホルモンである「テストステロン」が「DHT(ジヒドロテストステロン)」へと変化することによって、それが薄毛を引き起こしてしまうのです。DHTが増えてしまうと、いわば頭髪に本来の強さや濃さが無くなり、どんどん弱い毛になって行ってしまいます。

それが進行してしまうので、どんどん薄毛が生産されていってしまうのです。髪には、一定の「ヘアサイクル」という周期が存在します。本来古くなった毛が抜け落ちても新しい毛が生え代わってくることによって髪の状態は維持されます。しかし、そのヘアサイクルが乱れてしまうと、髪が必要十分量確保できなくなります。新しい紙が生えてくる前に、もともと生えていた髪が成長しないうちに抜けてしまうので、どんどん抜ける量が増えていってしまうのです。これによって薄毛が引き起こされます。

ですから、テストステロンがDHTに変化しないようにする必要があります

男性型脱毛症の特徴

運営者 No Comments

では、さっそく本題から入るとしましょう。そもそもAGAとはどのような症状なのでしょうか。AGAは、『男性型脱毛症』の事を指します。本来の意味で、男性がなりやすい脱毛症ということができます。いわゆる『円形脱毛症』などの症状もこれに含まれることが多いです。多くの方が薄毛や抜け毛を経験していますが、男性の場合このAGAが原因であることもあります。多くの場合、薄毛や抜け毛は放置してはいけないと言われていますが、このAGAに関しては特にそうである、と言えます。

なぜならAGAは自然治癒せず、どんどん進行していってしまうからです。だからこそ私達は、自分の髪の状態に関して、あるいは考えたくないと感じる方もおられるかもしれませんが、やはり無視するべきではないと言えるのです。主にどのような症状に始まるのでしょうか。AGAは進行すると言いましたが、その進行度合い、または進行が始まる個所というのは人それぞれで異なっています。ある人は生え際が後退するのが目立つようになりますし、ある人は頭頂部から薄毛が進行していきます。これはまさに目立ちやすい変化と言えますが、本人にとっては気付きにくいこともあります。

こういった症状が続く場合、AGAを疑えます。